1st Season TEAM 01:海洋調査の完全な洋上無人化を実現する調査ソリューションの開発

代 表

伊藤 昌平  株式会社FullDepth

構成員

巻 俊宏  東京大学生産技術研究所
金澤 康樹  株式会社Naturanix
倉本 篤  株式会社アウトスタンディングテクノロジー
比江島 慎二  株式会社ハイドロヴィーナス
高満 洋徳  成光精密株式会社

活動紹介映像

開発テーマ概要

現在実施されている海洋調査は、事前に入念な計画を立て、大型の調査船に多数の専門家が搭乗して実施されるのが通例である。この方法のみに頼る場合、調査範囲が計画した海域に限定されること、悪天候等の影響で中断されうること、また燃料費や人件費等に大きなコストがかかること等により、調査の時間効率が低くなる。結果、特定海域について豊富な情報を得られる反面、広範囲の海底地形図作成は進んでいなかった。
本チームが目指すのは、長期持続型完全洋上無人海洋調査ソリューションの開発だ。必要な電力を全て洋上発電(太陽光、海流、潮力発電)で担う、洋上自律探査機(Autonomous Surface Vehicle; ASV)と自律型無人潜水機(Autonomous Underwater Vehicle; AUV)、海中ステーション等で構成されたシステムの構想である。これらを小型、低コストで実現することで、従来型の“入念な準備を行い、調査する時だけ海に出る”方式ではなく、“常に無人での海洋探査が行われている”状態を作ることを目指す。
この壮大なビジョンの実現には相応の期間と海洋工学関連技術者の増加が必須であるため、まずは海中での自律運用、給電が可能な低コストAUV プラットフォームを開発するのが目標となる。

team02
PAGE TOP