超異分野チームによる研究開発で、
海底地形図の作成を飛躍的に加速する

プロジェクト概要

100m程度の分解能で計測済みの面積は、全体の15%以下。
海底には、未だ広大な未知の領域が残されています。

詳細な海底地形図を作ることで、津波の発生や水産資源の移動、気候変動、海底地震、鉱物や有機物等の海底資源、ケーブルやパイプラインの経路等に対して、これまでにない有用な知見を得ることができるはずです。

海底探査技術開発プロジェクトは、海底地形図作成を飛躍的に加速する
新しい技術の開発を支援します。

協力企業

協力大学

ニュース

  • 2018/12/03 海底探査のための革新的技術開発を担う新たな3チームが決定
    この度、DeSET第二期において技術開発を担う3つのチームが下記の通り決定いたしました。 採択テーマとチーム 採択テーマ「量産型海中・海底ステーションの構築」 チーム代表 高満 洋徳(成光精密株式会社) 構成員 荒木 英一郎(海洋研究開発機構) 見浪 護(岡山大学) 小野 雅晴(株式会社エスイーシー…
  • 2018/11/13 Launched a video to introduce #DeSET for #GEBCOsymposium2018

    This video introduce about DeSET PROJECT which aim to innovate how we map the ocean floor. Leave a Nest plays a roll of program manager. We collect sc…

  • 2018/09/04 DeSET第二期 チーム形成合宿を実施しました
    2018年8月31日〜9月2日に、DeSET第二期書類公募への申請者および第一期採択チーム等、合計66名が集まり、第一期中間発表および第二期チーム形成合宿を実施しました。 8月31日(金):第一期中間発表、インプット 13時から始まった1日目。申請者が集合し主催者からの挨拶を行った後、まずは第一期採…
PAGE TOP